読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も風に流されて

流行などに流されながら色々と

MENU

ヒトカラしたいなら快活CLUBが穴場だと思う

f:id:pikatyou:20170118164549j:plain

私は、基本的に一人でやるほうが好きな人間です。
ゲームしかり、旅行しかり、人と一緒なのも楽しいですけど。
一人だと、人に気を使うことも使わせることもなく、気兼ねなく自分のペースで行えるので、いいなーと思っています。

そんな私ですが、どうもカラオケだけは人と一緒ではないとなんとも足が向かない性分でした。
ヒトカラ、気にはなっていたものの、自分のペースを考えるとなかなか気が進みません。

そんな中、一度だけヒトカラをしたことがあります。
今回は、二度目のヒトカラに行ったことについてお話ししたいなと思います。

- ヒトカラは行くまでが難しい

そうだ、ヒトカラしたいな。と思ったものの、なかなか足を踏み入れることができません。
ちょうどよい機会もなかったのですが、それ以上に思っていたことは、

「自分みたいな人間がヒトカラ行くのはどうなんだろうなあ」
「店員さんもヒトカラ客嫌がるんじゃないのかなあ」

といったものでした。
元々ネガティブ思考ではあるのですが、先入観が邪魔をしていたのですね。
だからと言って、先入観をなくすというのはそう容易いことではないですし、そう考えるくらいなら、行くほうが早いんですけど。

そんな中、ある時地元の近場にできたネットカフェにヒトカラスペースがあるということを知りました。

- 快活CLUBのヒトカラスペースはちょうどいいぞ

f:id:pikatyou:20170118164711j:plain
それが、今回行った快活CULBになります。
www.kaikatsu.jp
店舗によりけりですが、カラオケの部屋があるところでは、1~2名向けのカラオケルームがありまして、それ用にサービスがあります。
ちなみに、この手の総合的なネットカフェだとブース料金自体は共通ですので、普通の個室PC席と併用することもできます。
結構な飽き性な私にとって、これはいいじゃないか?と感じました。

ただ、決心がつかなかったのと、カラオケルーム自体の数が少ないため、狙えるチャンスが少ないというデメリットもありました。
「まあ、あたっけ砕けろ精神でいいか」
と結構流れに逆らわない方針で挑むことにしまして、1度だけ利用したのでした。


さて、そもそもなぜその1回だけ行ったあと、最近再び行ったのか、という話になるかと思います、
と言いますのも、昨年のネットの界隈の忘年会の二次会にカラオケに行ったんですね。
機種がJOYSOUNDしかない……というか、そこは直営店でしたので、それしかないんですけど、その時に
「あー、ヒトカラしたくなってきた」
と感じたからということからになります。
そもそも、カラオケに行くのに大層な理由をつける人の割合、大多数ではないでしょうし、そんなものですね。

というわけで、行ってみました、

- 飲み放題にアイスクリーム食べ放題の魅力

f:id:pikatyou:20170118164828j:plain
部屋自体は、本当に二人入ればいいかなという感じ、無理をすれば3人はいきそうですね。
その部屋に、ディスプレイが一つ、
カラオケの筐体は、二つ上の写真に写っていますね、手前側にあります。
そして、おそらく一番の売りとしているのがコンデンサーマイク完備というところでしょうか。
カラオケ店ならまだしも、ネットカフェで完備しているというのですから驚きです。
二人だと普通のマイクを使用することになりますが、一人なら有料貸し出しのヘッドホンと合わせて、音を聞きながら歌えます。
ちなみに、コンデンサーマイクGoogle検索をすると普通に快活CLUBでのヒトカラレビュー記事が出てくるので一定の知名度があるようです。

さらに、ネットカフェという強みを生かしてドリンク飲み放題にアイスクリーム食べ放題を行っています。
食事も取り扱っていますが、カラオケルーム内での食事はダメなようです。
私の行ったところでその記述を見かけましたので、ほかのところもではないかと思います。
カラオケで食事をしたい人にはデメリットでしょうか? まあネットカフェのカラオケでシダックスみたいな利用をする人のほうがレアでしょうが……。
一応補足しておきますと、救済措置としてか部屋の外の通路上の一部スペースに食事用のテーブルと椅子はあります。


- ネカフェのカラオケルームだからと言って侮れない

まあ、利用した感じがどうか、と言われると快適だったよ、としか言えないのですが、それ以上に驚くことがあります。

  • 予約ができる

上でも振れましたが、私が利用したところでもDAM2室、JOYSOUD1室と部屋の数は圧倒的に少ないです。
それに対してのニーズなのか、予約ができます。
そう、店のカウンターで蓋を開けるまでの博打とか、当たって砕けろ精神で行く必要はないのです。
私は「なかったらマッサージシートでいいや」のノリで行きましたが。0000
いや、正直快活CLUBのマッサージ席捗りますよ。いや、これカラオケのお話ですけどね。

快活CLUBは店によって料金が結構変わります。立地にも寄るのでしょう。
トイレや通路に「地区内最安値」と近隣で安い店舗のチラシが張り付けられています。カラオケないですけど、そのアピールでいいのだろうか。
私は3時間カラオケで利用したのですが、3時間パックで1030円弱です。ブース料金は共通ですので、個室PC席やダーツなどどのブースを移動しても、この値段です。
それに加えて有料貸し出しのヘッドホンが324円ですので、1500円も行かない値段で3時間歌えるというのです。
これは結構いいなあと思います。

  • 狭いながらもくつろげる

専用の部屋ということで、ほかのカラオケルームと比べても狭いのは事実です。
横に長いものの、前後は普通の個室ルームより狭いかなというところ。

ですが、なかなか快適でくつろぐこともできました。
ディスプレイの画面切り替えでパソコンとしても使用できますので、動画サイトのカラオケ動画再生しながら歌えますし、
普通にパソコンとして使うこともできますから、歌うのに疲れてもインターネットができるのは大きいです。



そんなこんなでいろいろ言っていきましたが、最後にこの一言で締めたい。

快活CLUBはいいぞ。